タイガーホームベーカリー同一機種で 米粉100%パン焼き比べ ③

グルテンフリー

グルテンフリー米粉100%パンをホームベーカリーで楽しみながら週1~2回焼いています。使っている機種は、タイガーIHホームべーカリーKBD-Xです。

このホームベーカリーを使って焼いたパンは、米粉100%で作っているのに驚くほどおいしくできます。以前使っていたパナソニック製は、あまり釜伸びせずきめも細かくなりませんでした。

ここ数カ月、1年半前に購入したタイガーホームベーカリーの調子が悪くなり修理していただきました。修理後、釜伸びはするようになったのですが、以前のようにきめの細かい「こなゆき食パン」になりません。何が原因なのか探求したくなり(1番の望みはまたあのきめの細かいパンが食べたかったことですが)、もう1台同一機種KBDーXを購入しました。

タイガーホームベーカリー同一機種で米粉100%パン焼き比べ①で、いつも使っている米粉ミズホチカラでの焼き比べをしました。

2回目は、群馬製粉リファリーヌを使ってみました。

結果は、1回目・2回目とも釜伸びはするのですが、きめの細かいパンにはなりませんでした。

3回目の今回は、もしかしたらミズホチカラの鮮度が原因かもと思い、熊本製粉から新しい米粉を取り寄せての新旧同一機種での焼き比べです。もちろん前回焼いたときのミズホチカラも賞味期限内でしたが。材料や工程は、基本の食パンと全く同じです。


右が1年半前に購入した機種で焼いたものでもので、左が新品の機種で焼いたものです。


今回も、以前購入したホームベーカリーの方が釜伸びしています。

以前購入した機種の方の断面です。


購入したばかりの機種の方の断面です。

1㎝ほどの釜伸びの差はありますが同じくらいのきめです。

新鮮なミズホチカラで焼いても、”タイガーホームベーカリー同一機種で米粉100%パン焼き比べ①” と同じ結果になりました。

ミズホチカラでもリファリーヌでも釜伸びは十分ですが、きめの細かいふわふわ食パンにはなりませんでした。

もちろんトーストして食べてみるとおいしいです。でもやはり、きめが細かく焼きあがったパンはさっくりとした食感を味わうことができてもっともっとおいしいんです。

次回の「実験」の構想はすでに練ってあります。理想のパンが高い確率で焼けるように精進したいと思います。

☆タイガーホームベーカリー同一機種で米粉100%パン焼き比べ④に続く。こちらからどうぞ。