タイガーホームベーカリー同一機種で 米粉100%パン焼き比べ①

お気に入りのグッズ・道具

米粉100%パンをホームベーカリーで週に2~3回焼いています。使用している機種は、タイガーIHホームべーカリーKBD-Xです。

米粉100%パンをホームベーカリーで作ると、べちゃとして膨らまなかったりすることが多いですが、この機種で焼くと元パン職人の私が満足できるおいしいパンに焼きあがります。

ところがここ数カ月、米粉パンが以前のようにうまく焼きあがらなくなりました。釜伸びが悪く、何よりふわふわ食感のきめの細かい「こなゆき食パン」に仕上がらなくなりました。


以前は、このくらいきめの細かいふわふわの米粉100%のパンが毎回焼きあがっていました。

メーカーに修理をお願いすることにしました。余談ですが、修理をお願いした時の対応がとても迅速、的確でますますタイガー魔法瓶のイメージがよくなりました。

修理をしていただき戻ってきたわが愛しのホームベーカリーはちゃんと釜伸びするようになっていましたが、何度焼いても「こなゆき食パン」になりません。

私の焼き方が原因か、材料が原因かホームベーカリー本体が原因かますますわからなくなってしまいました。

どうしてもまたパウダースノウのようにきめの細かい「こなゆき食パン」が食べたくて、もう1台同じ機種KBDーXを購入することにしました。


じゃじゃーん。我が家にもう1台ホームベーカリーがやってきました。お気に入りのホームべーカリーが2台並ぶと自然と笑みがこぼれてきます。

初使用の出来上がりを報告したいと思います。

材料、作り方はタイガーホームベーカリーKBD-Xで米粉100%基本の食パンのレシピと同じです。

仕込み水、米粉の温度、分量などすべて同じ条件です。どんな風な違いが出るのかワクワクしながら出来上がりを待ちます。


右が1年半前に購入したもので、左が新品の方です。


なんと新品の方が1㎝以上膨らみが悪かったです。(それでも11㎝ですからまずまずの合格点です。)右のパンは12㎝以上釜伸びしています。

冷めてからスライスしてみました。


こちらは右側の使い込んだ機種の方です。


新品で焼いたパンです。

残念ながら今回は、どちらも「こなゆき食パン」にはなりませんでした。トーストしていただいてみましたが、食感、味に大差はありませんでした。どちらもおいしかったのですが、もっときめ細かく焼きあがるとさっくりしっとり感が増してよりおいしくなります。

このホームベーカリーで最高の米粉100%食パンが焼きあがることを以前に体験しているので、もっと高い確率で成功するように楽しみながら実験を重ねていきたいと思っています。

タイガーHB同一機種で米粉100%パン焼き比べ ② リファリーヌで に続く。