訳あり桃 道の駅うきは で購入

お気に入りのスポット

桃がおいしい季節がやってきました。

おいしい桃がお腹いっぱい食べたい。毎年思う私の願望です。この願望がかなえられる場所があるんです。道の駅うきはです。


国道210号線を日田方面に走っていると左手に見えてきます。


道の駅うきはに到着です。9時オープンなので10分位前に到着しました。もちろん大好きな桃をゲットするためです。

こちらは九州じゃらん道の駅ランキング5年連続1位です。納得の品ぞろえだと思います。

オープン10分前でしたが、入店できました。


桃が販売されているコーナーです。まだオープン前なのでさすがにお客さんは少ないです。


11種類もの桃の特徴が書いてあります。


もちろん普通の桃も売られています。私は訳あり桃コーナーに直進します。この通路の1番奥にあります。

「訳あり桃は柔らかくなっている、キズが大きい、核割れ(種が割れてい、味が落ちている)などの桃です。」と記載されています。

土日はたくさん出荷されるそうですが、平日の今日は少なめですとお店の方が言われました。10箱くらい置いてありました。

私は2箱かごに入れました。


この品種は「ちよまる」で2キロなんと600円(税込)です。6月中旬から出る品種で黄色い果汁で柔らかめ。果汁が多く香りがよいとあります。


1個が100~120gの小粒で18個入っています。


この品種は「武井白鳳」で2キロ1,000円です。「6月下中から出回る品種で中玉、果肉は溶質で果汁多い。甘味は中位で食味良好」とあります。形が悪いからこの値段なんでしょうか。

1個280g前後で、9個入っているので2キロは優に超えていると思います。

9個のうち2個だけ少し軟らかく変色していました。(写真手前の2個)でも気にならない程度です。


早速、切っていただいてみました。ちよまるは少し甘さが足りませんでしたが、武井白鳳は柔らかくて芳醇な香りがしてとってもおいしかったです。このおいしさで2キロ以上も入っていてお得としか言いようがありません。

訳あり桃は形なんてへっちゃら、味が良ければ大丈夫と本人が納得していればうれしい買い物です。でもリスクもあります。

訳あり桃を購入すると、時々味がぼけていたりカリカリに硬くてすっぱくて「うーんちょっと」というときもあります。でもがっかりしなくていいんです。こんな時は桃のコンポートにするという救済措置を取ります。

早速、今回も桃のコンポートも作りました。こちらに作り方をのせています。

まるで上等の桃の缶詰に変身です。めちゃくちゃおいしくなります。

大好きな桃をたくさんゲットして、しばらくお腹いっぱいおいしく食べられそうです。この季節のお楽しみの一つです。

「いつまでもあると思うな、訳あり桃。」桃好きな皆さん、急ぎましょう。