1年間楽しめるおいしい 梅味噌 の作り方 

保存食

今年3回目の梅仕事をしました。1回目ははちみつ梅シロップ、2回目はシソジュースを作りました。今回は梅味噌作りです。今の季節にしか作れない万能調味料です。

梅味噌は、味噌と梅と砂糖を1:1:1の割合で作ります。1か月保存容器に入れて熟成させる梅味噌と、煮て作る梅味噌と2種類あります。材料は同じです。今回は煮てみました。

材料

梅(青梅でも完熟梅でもお好みで)300g    お好みの味噌 300g    砂糖 300g

今回、完熟梅 750ℊ  米味噌 750ℊ  粗糖 750ℊで作りました。砂糖の量は6割ぐらいにまで減らしても大丈夫です。

作り方

①梅を洗って水気を拭きとり、へたを取ります。


②鍋に砂糖と梅を入れます。

③中弱火にかけて木べらで絶えずかき混ぜます。


ちょっときついですが頑張って混ぜ続けていると、20分位で梅から水分が出てきます。

④ここで味噌を入れます。

中弱火で混ぜます。


⑤火にかけ始めて40分位で梅はほとんど柔らかくなって味噌に溶け出しています。種を取り出します。
このタネはまだ実が少しついているので、冷蔵庫に保存して、魚や野菜を煮るときに使います。

今回は火にかけてから45分煮ました。火を止めた時には、まだ水分が多くてシャバシャバです。冷えたらちょうどいい硬さになります。

香りのいい梅味噌の出来上がりです。冷蔵庫で1年間保存できます。

そのまま野菜や豆腐にかけて食べてもいいですし、ドレッシングに入れてもいいです。棒棒鶏ソースにも合います。魚を煮るときや、野菜を炒めるときにも入れるとおいしいです。

削り節を入れて蒸し野菜にかけてもいけます。マヨネーズに入れてもおいしいです。

とにかく万能な調味料なのです。混ぜ続けるのがちょっと大変ですが、苦労の甲斐があります。おすすめです。