1年間保存できる 梅の甘露煮 の作り方

保存食

今日は梅仕事4回目です。この時期は楽しい梅仕事が続きます。

1回目ははちみつ梅シロップ。2回目はシソジュース、3回目は梅味噌を作りました。

通常の甘露煮は2~3回茹でこぼして作ります。この方法ですと、とてもおいしいのですが、2~3か月しか保存できません。何とか1年中、この梅の甘露煮が食べたいと思い、この作り方にたどり着きました。

水を1滴も加えないので冷蔵庫で1年間大丈夫です。今、昨年の甘露煮を食べていますが、おいしくいただいています。

材料

青梅 1㎏  砂糖 1㎏

今回はてんさい糖で1,250gずつで作りました。

作り方

①青梅を洗って水気をふいてへたを取ります。


②鍋に入れて砂糖も入れます。


ちょっと砂糖の多さにびっくりでしょうが、梅と同量の砂糖を入れないと、すっぱすぎておいしくありません。

③中弱火にかけます。決して触ってはいけません。20分位するとふつふつと梅のエキスの水分が出てきます。


④梅が浮いてきたら、箸で優しく上下をひっくり返してください。ここであくはとりません。あとからとります。この時は、できるだけ触らないのがコツです。

⑤ひたすら煮ること50分。梅が柔らかくなったら完成です。

梅だけ保存容器に優しく入れていきます。ここで初めて梅のエキスの上にたまったあくを取ります。白い泡状のものです。

きれいになった梅のエキスは瓶に保存します。この濃厚な梅のエキスも、ただものではありません。

そのままでもおいしいのですが、3~4倍に薄めてジュースにしてもいいし、ドレッシングや煮物に入れてもいいです。梅ゼリーを作ったりもします。ヨーグルトにかけてもいいです。

梅の甘露煮は、通常のものよりちょっと、しわしわで見てくれは、ぱっとしませんが味は一級品です。作ってすぐは酸っぱさが強いです。冷蔵庫に入れていると、1週間くらいで甘さが増してきます。

冷蔵庫で1年は保存できるので、秋や冬の季節でも梅のおいしさを楽しむことができます。