京都2泊3日満腹旅行 2021年10月 その③

まんぷく旅行記

☆京都2泊3日満腹旅行 2021年10月 その① は、こちらから。

京都満腹旅行もあっという間に3日目を迎えました。

おばんざいと出し茶漬けのおいしい朝食を済ませ、ホテルの屋上の「スカイテラス」に向かいます。

ぐるりと山に囲まれた京都の地形がよくわかりました。京都の街並みが一望できとても気持ちがよかったです。ベンチもありますし、8:00〜22:00まで開いているので夜景も楽しめそうです。

ウェルカムドリンクの甘酒をいただいて、ホテルエミオン京都を出発しました。

ランチは、米料亭 八代目儀兵衛です。11時に予約しています。今回の旅行の大きな楽しみの一つがこちらのランチです。

さすがは米料亭。土鍋で炊いた白御飯がおいしすぎました。人生でいちばん感動し、いちばんおいしい白飯に出会うことができました。

この後大阪に向かいますが、その前にちょっと寄り道です。

「出町ふたば」の豆餅を買いに行きます。平日のお昼過ぎでしたが、40人以上の行列ができていました。

栗おこわや栗餅など季節を感じる和菓子が並んでいます。名物の豆餅はもちろんおいしいのですが、こちらのおこわも絶品です。

30分以上並んだし、今度はいつ買いに来れるかわからないので大人買いをしてしまいました。

八代目儀兵衛の白飯と出町ふたばの和菓子をゲットできて、超ご機嫌で京阪電車で大阪に向かいます。

一人500円追加でプレミアムカーを利用しました。

3列シートでゆったり座れ電源もついています。ほとんど私たち二人だけの貸し切り状態で快適でした。

大阪に立ち寄ったのは船場センタービルの繊維街に行くためです。

電車を降り、地下鉄を乗り継ぐとすぐ船場センタービルの入り口があります。

何件かお目当てのお店を見つけたくさん生地を買ってご満悦。繊維街のことはくわしく別の記事に書いています。

この後バスで伊丹空港に向かいます。その前にまたちょっと寄り道です。パン好きの私のために夫が探してくれていた、パン屋 ROUTE271 梅田本店に行きました。

いつも行列が絶えない人気店だそうです。運よく5分位で入店することができました。

夕方だったのであまり種類はありませんでしたが、気になるパンをいくつか購入しました。

どのパンもおいしかったのですが、バゲットはドンピシャ好みの味でした。小麦の香りがして飽きのこない毎日食べたくなるパンでした。

無事パンをゲットして、空港バスで伊丹空港に向かいます。19時発のJAL便で出発までに少し時間があったので、空港で夕飯を食べることにしました。

マグロ料理と迷いましたが、551 HORAI 大阪国際空港南ターミナル店に決めました。福岡のデパートの催事でいつも行列でなかなか買えない豚まんが並ばずに食べられると思ったからです。

551の豚まん 260円(税込)です。

看板メニューの海鮮焼きそば 990円と焼き餃子と豚まんを注文しました。

豚まんは少し甘めの生地でいつもの安定の味です。

餃子は皮の焦げが香ばしかったです。

焼きそばはあっさり味です。小ぶりな盛ですが、海老やホタテ、イカなどしっかりと入っていました。

食後のコーヒー1杯目は、Lounge Osaka(ラウンジオーサカ)でいただきました。伊丹空港でのカードラウンジは初めてでした。結構混んでいました。

2杯目のコーヒーは、サクララウンジで飛行機を見ながらです。やっぱり落ち着けます。

ほぼ満席のJAL便に乗って無事福岡空港に着きました。

今回の旅行で特に感動したのは柚子屋旅館 一心居と八代目儀兵衛の白飯です。(相変わらず食べ物ばかりです。)
京都は行くたびに発見があり感動があります。また是非行きたい観光地です。

ずっと荷物を持ってくれた夫に今回も感謝です。