日本のエーゲ海 牛窓 ホテルリマーニ でスイカジュース

お気に入りのスポット

昨年2018年9月、夫としまなみ海道に3泊4日で旅行しました。

その時、日本のエーゲ海と言われている岡山県瀬戸内市にある牛窓のホテルリマーニに1泊しました。

なぜここまで足を延ばしたかというと、スイカに蛇口が付いていて、そこからスイカジュースが出てくるというサービスがあるホテルだったからです。

夫は果物の中でも断トツ、スイカが大好きなんです。蛇口のついたスイカの写真を見せると子供のように目を輝かせて喜びました。一声、「行く!」


全室オーシャンビューです。建物は少し古いですが、清潔感があります。

スタッフのほとんどの方が外国人で、日本でないような錯覚に陥りました。非日常が味わえます。

夕食をいただく海が見えるレストランです。生け簀まで案内されて、お好みの魚を選んでお好みの調理をしてくれるそうです。

あいにく雨だったので、生け簀に行くのはあきらめました。テーブルまで持ってきてくださるとのことで、数種類の魚の中からオマール海老を選びました。


しばらくして、ケースに入れられた活きのいいオマール海老が現れました。調理法はソテーでお願いしました。

ギリシャ人のシェフがオープンキッチンで仕上げてくれます。

オリーブオイルと香草で複雑な味になっておいしかったです。


オマール海老の前に魚介類の前菜が出てきました。


ラム肉のソテーです。臭みは全くありませんでした。

ローストポークです。ハーブのかぐわしい香りがして柔らかかったです。


デザートはワゴンサービスです。


2種類ずついただきました。棒のような長方形のケーキはギリシャの代表的なデザートでバクラヴァです。世界一甘いケーキと言われているそうです。シロップたっぷりで好きな味でした。

コーヒーは私の大好きなハワイ産のコナコーヒーです。鉄瓶で入れてもらえます。柔らかな酸味と甘い香りでまろやかなコーヒーでした。

朝食は熟成肉のステーキが楽しめます。熟成岡山牛ロースステーキです。

柔らかでジューシーで絶品でした。朝からステーキ。いいですねー。

焼き立ての自家製パンとジャムです。

パンを入れる袋の中には温かい石がしきつめてあります。心遣いがうれしいです。

いよいよお目当てのスイカジュースが蛇口から出てきます。地元産スイカを絞って、ほんの少量の牛窓レモンと岩塩をアクセントにしたフレッシュのスイカジュースです。さわやかな味です。あー、しみじみおいしい。

素晴らしい朝食を堪能した後、ヨットのクルージングを予約していたので、船着き場に行きました。

キャプテンと一緒にロープをひき、帆をあげ舵をとれるとのことで初めての体験にワクワクしていました。

お客は私たち2人だけで、貸し切り状態でした。


いよいよ出航です。

ただとても残念なことに、その日は全くの無風で帆が張れないとのことでした。

でも舵を握らせてくれたり、瀬戸内の島々の間をセーリングしてくれました。瀬戸内の美しい風景を楽しみました。

ホテルリマーニの1階には、サンセットバーラウンジには暖炉があり、チェスや囲碁も楽しめるようになっていました。

日常を忘れて、夢のようなホテルライフを過ごすことができました。夕食も朝食も味は3.9でとてもおいしかったです。スタッフの方々の温かいおもてなしが心に残っています。

スイカジュースはスイカの季節だけのサービスです。

また是非訪れたいホテルです。