ハワイ島オアフ島満腹旅行記③ マウナケア山頂サンセットと星空観測

まんぷく旅行記

☆ハワイ島オアフ島満腹旅行記① は、こちらから。

ハワイ島に到着した翌日2019年6月29日、午前中は大好きなコナコーヒー農園巡りをしました。

午後は、マサシネイチャスクール主催のマウナケア山頂サンセットと星空観察のツアーに参加しました。一人180ドルでした。

4年前にハワイにロングステイした時にも、同じコースのツアーに別会社で参加しました。どこも同じような感じだろうと思っていましたが、大違いでした。主催会社でこんなにもツアーの印象が変わるのだと正直驚いてしまいました。

もちろん4年前のツアーも素晴らしかったです。ただ今回のマサシネイチャスクールのガイドさんとツアーの内容が群を抜いて素晴らしかったのです。改めて思い返せば、4年前のロングステイ時に6回くらいツアーに参加しましたが、マサシネイチャスクールのツアーはとても楽しくて満足だったのを思い出しました。

14時にホテルに迎えに来てくれました。今回は、参加者が総勢24名で、12人ずつ2台の車に分けて乗り、標高4,205メートルのマウナケア山頂を目指します。

その時、車に乗り込んでガイドさんに挨拶をしてびっくりしました。偶然にも4年前に別のハワイ島でのツアーに参加した時のガイドさんだったのです。とても分かりやすくて親切なガイドさんだったのでよく覚えていたのです。お互いに再会を喜んでうれしくなりました。

本来ならば高山病防止と体を慣らすために標高2,800mのあるオニズカビジターセンターでお弁当休憩を取りますが、工事中のため、標高2,000メートル付近のマウナケアパークでお弁当を食べ、トイレ休憩です。


パークに着くと温かい味噌汁とお弁当を用意してくれました。


ハワイなのに幕の内弁当です。ザ、日本です。温かいドリンクも作ってくれました。私たちは、コーヒーとココアを飲みました。ここで防寒着が支給されて寒さに備えます。

車中、ガイドさんが、高山病にならないコツや呼吸方法を教えてくれながら、マウナケア山頂を目指します。

4年前と同じように見事なサンセットが見られるか、ワクワクドキドキしながら呼吸を整えます。

頂上に着いてトイレをしたり写真を撮ったりしながら日没を待ちます。標高4,205mです。頭は痛くはありませんが、さすがに動くと息が切れます。しかし風はなく体感温度もそこまでは寒く感じませんでした。

これ、合成写真ではありません。実際に山頂で飛んでいます。ガイドさんが、ほうきを持ってきてくれていて、希望者にはこんな素敵な写真を撮ってくれるんです。希望者は並んでくださいと言われました。
最初若い方たちばかり列に並ばれていました。私は年の割に好奇心が旺盛なので、年齢をものともせずに、ほうきの写真希望の列にすぐに並びました。
写真を撮り終えた後、「楽しかったですよー」とツアーの方たちに話すと、私と同じくらいの年齢の方も並び始めました。

日本のスバル天文台のはるか彼方に夕日が美しく沈んでいきました。

日の入り直後、太陽と反対側の低い空に15分位だけ見られるピンク色のビーナスベルトも見ることができました。蒼く見えるのは地球の影だそうです。ガイドさんの説明がなければ、ただの夕焼け位の認識しかありませんでした。ガイドさんの説明ってありがたいです。感動がさらに深まります。

この後天体観測に向かいます。標高3,600メートルのところに車が止められました。


空の中央に1番星が見えてきました。木星です。ガイドさんが、70倍の高性能の天体望遠鏡を用意してくれて、全員に木星を見せてくれました。そしてに星についてユーモアを交えながら詳しく教えてくれました。

1眼レフを持っているお客さんには、星の撮り方も詳しくレクチャーされていました。

最後に満天の星をバックにグループごとに写真を撮ってくれました。先ほどのほうきでジャンプなど、マサシネイチャスクールのカメラで6枚ほどの写真を撮ってくれました。これらはホームページでダウンロードすることができます。しかも無料です。このサービスは素晴らしいです。

特に一人旅の時には、自分自身が写った写真はあまりありませんから、特にうれしいです。星空をきれいに撮ることができる高価なカメラを持っていない私のような人にもうれしいサービスです。

帰りにもう1度マウマケアパークに寄ってくれて、トイレ休憩がありました。

前回の別会社のツアーでは、オニズカビジターせセンターでお弁当を食べた時にトイレを済ませたら、夜遅くホテルで解散するまで1度もトイレ休憩がなかったんです。

今回もそうだろうと思い、水分調整をしていまた。こんなに何回もトイレタイムを取ってくれるのでしたら、頻尿の私にも安心です。

無料での写真撮影やこまめなトイレ休憩、ホットドリンクの提供、丁寧な説明など、マサシネイチャスクールのガイドさんのおかげで、さらに素晴らしいマウナケア山頂サンセットの思い出ができました。

ハワイ島オアフ島満腹旅行記④ に続く