女一人旅 ハワイロングステイ その③

まんぷく旅行記

女一人旅 ハワイロングステイ その①は、こちらから。

2015年5月25日、ハワイ島での楽しい4日間が瞬く間に過ぎて、いよいよオアフ島ワイキキに到着しました。

1か月間のワイキキでの宿泊先は、日本人オーナーが所有されているワイキキバニヤンというコンドミニアムです。ワイキキエリアの東側に位置しています。空港からこちらまでは定額制のチャーリーズタクシーで移動しました。安心だし安かったです。

ワイキキバニヤンに着いてエレベーターに乗って、ずらーっと並んだこのボタンにまずびっくり。なぜだかこのボタン式が気に入ってしまい、押すたびにうれしかったです。

私が借りた部屋は21階です。


広さは49㎡で奥の寝室にクイーンサイズのベッドが2台あります。ゆったり入れるバスタブもあります。


この広いキッチンはとても使い勝手がよかったです。4つ口コンロにオーブンもレンジも完備です。日本から、オリーブオイル、塩、胡椒などの調味料は持参しました。

お気に入りのドリップ式のコーヒーと煎茶と紅茶も持っていきました。夜一人でほっと一息つくときにとても役に立ちました。


こちらのラナイで風を感じながらワイキキビーチを眺めての食事は格別でした。小鳥たちも遊びに来ました。


山側も見えたので夜は美しい夜景も楽しめました。

私は掃除は好きなのですが、整理整頓が苦手ですぐに部屋が散らかってしまいます。ホテルだと毎日クリーニングが入るのでそのたびに気を使います。その点コンドミニアムは気を使わず開放的です。

何より食材を買ってきたら好きに調理できることが大きなポイントです。

ハワイに来たらタロイモを食べることも目標の一つでした。毎日スーパーで探してもタロイモは見つかりませんでした。仕方なくツアーで添乗員さんにどこで入手できるか尋ねました。

最近では地元でもなかなか手に入らないとのことでした。知り合いに電話してくださってツアーの途中で買いに行ってくださいました。なんて親切なのでしょう。

これがタロイモです。30センチ以上ありました。大きな里芋のような感じです。


茹でたり、煮物にしたり、焼いたり、どの調理法でもおいしかったです。ただ食べきるのが大変でした。

ワイキキでの交通手段についてですが、オアフ島ではザ・バスが島中を走っています。定額で2.75ドルです。北部のハレイワまでもこの値段で行けちゃいます。ありがたいですよね。

ワイキキトローリーもあります。ピンクラインはJCBカードがあれば無料です。

私はいろいろな所に行きたかったので、ザ・バスの1か月定期有効パスを購入しました。現在で70ドルです。

これさえ買っておけば、たとえバスを乗り間違えても気軽に乗り降りできると思ったからです。日本と違って購入日から1か月ではなく各月1日から月末までの期間です。私は25日に到着したので5日間は当日券でしのぎました。


紙でできたチケットです。これを持っていると、旅行者ではなく地元の住民になったみたいでうれしかったです。

定期券も購入し、毎日4~5回食べ歩きをしながら行きたいところへ行くというお気楽ロングステイが始まりました。

定期券は買いましたが、朝は運動のためにカフェカイラやダイヤモンドヘッドマーケット&グリルなどに歩いて通いました。早歩きで片道50~60分です。カイムキには1時間以上かけて歩きました。

歩きまわったおかげで1か月食べ続けましたが、体重の増減はありませんでした。

着いた当日はウルフギャングに行きました。テレビで何度も見ていたので、ここだけはすぐに食べに行くと決めていました。熟成肉で有名です。一人1万円以上はする高級店です。

お目当てはハッピーアワー(11:00~18:30)に食べられるTASTE OF NEW YORKです。40ドルくらいでした。(現在44.95ドル)超お得です。


熱々のお皿でやってきます。芸能人が絶賛しているのが納得できるおいしさでした。マッシュポテト、クリームほうれん草が付いてきます。


デザートのチーズケーキが絶品でした。ハワイで10回以上チーズケーキを食べましたが、ベスト3に入るおいしさでした。甘さと酸味のバランスが絶妙でした。


あまり知られていないのですが、ウルフギャングは土日の11:00~15:30にウィークエンドブランチがあります。


エッグベネディクトをいただきました。パンの上に赤身のステーキがのっています。そのステーキが柔らかくておいしくて目眩がしそうなくらいでした。ソースも素晴らしかったです。あまり雑誌では取り上げられていませんが、隠れた銘品です。エッグベネディクトで有名なハウツーラナイよりもずっとおいしかったです。これで13ドルです。安い。

夜はビルズでリリコイパンケーキをいただきましたがいたって普通の味でした。


夕方からは浜辺でフラダンスを見たり音楽を聴いたりして夕日を見るのが日課でした。毎日、夕方になるとたくさんの人がワイキキビーチに集まってきます。皆さん同じ方向を向いています。沈みゆく夕陽を皆で見入っていました。不思議な一体感がありました。

夕陽を眺めていると、今日も楽しい一日が無事終わったなって実感できて幸せな気持ちになれました。


コンドミニアムのラナイからは海に浮かぶきれいな月が見えました。うーん、幸せ。

女一人旅 ハワイロングステイ その④に続く