福岡 春日市 噂の菊寿司でおまかせランチ

寿司

春日市IR大野城駅から徒歩10分位のところにあるおいしいと有名な菊寿司でランチをいただきました。

なかなか予約が取れなかったんです。3回ほど満席だとふられていました。1ヵ月前の1日から予約開始と聞いたので2月1日に予約してやっと今日が取れたんです。期待で胸が膨らみます。


先代のとき、千円の寿司ランチをよく食べに来ていました。


木戸をくぐると玄関です。


カウンターのみで9席あります。12時ちょうどに9人そろいました。苦手な食材がないか聞かれました。

私のお隣は台湾の方だったのですが、店主は流ちょうな英語で話していました。


全員揃ったところで、おもむろに土鍋で炊いたごはんに赤酢と白酢で2種類のシャリを作り始めました。劇場型のパフォーマンスです。

無駄のない動きで粛々と調理をする店主の所作は見ていて楽しかったです。

木箱の中に入ったその日のネタを人数分切り分けていきます。


その間にふきのとうの味噌和え、菜の花のお浸し、焼きナスの盛り合わせです。

お浸しのおだしがおいしかったです。


アオサの茶わん蒸しです。アオサの磯の香りがよかったです。


ガリは普通の生姜ではなく、葉生姜のガリで、甘みはほとんどつけてありません。


まずは鯛の昆布〆。シャリが驚くほど甘みがありません。そのせいか魚自体の旨味が際立つようです。


サヨリです。あっさりと繊細な味です。


げそです。柔らかくて甘かったです。

途中で寿司をのせる器を丁寧に拭いてくれます。お茶も頼まなくても差し替えてくれました。


マグロの赤身です。このシャリは赤酢のほうで色が茶色く濃いです。


中とろ。これも赤シャリ。甘みがあって脂がのっています。


こはだです。酢の加減が絶妙です。

大好きなホタテです。うんまい。


目の前のカウンターでお弟子さんがエビをむき始めました。エビ味噌も取り出して細かくたたいていました。


サバの棒寿司を手渡しです。海苔もいいお味でした。


海老です。中を見るとエビ味噌が添えられていました。複雑な味になっておいしかったです。


さわらです。


長崎産のバフンウニを手渡しで。甘くて旨味が濃かったです。


なめこの赤だしです。


卵焼きです。


オレンジとキュウイが入った白ワインのデザートです。

以上お寿司は12貫出ました。ゆっくりと時間は流れ、食べ終わったときは90分たっていました。ちょっとした小旅行に行った感じに思えた食事でした。

おまかせコースのみでランチは6,480円でした。ごちそうさまでした。

お店情報
店名:菊寿司
場所:春日市春日公園3-51-3
営業時間:昼 12:00スタート   夜 18:00~22:00
お休み:月曜日
味:3.6 コスパ:3.0

味・コスパの評価基準はこちら