福岡 馬出 若松食堂 でランチ

和食

九大病院のすぐ近くの若松食堂に、うん十年ぶりに行ってきました。おいしかったー。懐かしかったー。


こちらの鍋屋さん、まだ若かりし頃、夫と時々食べに来ていました。あそこの鍋のスープおいしかったよねと、今でもよく話題に出るほどの思い出の味でした。もうやってないだろうと勝手に思い込んでいました。

先日、ひょんなことからまだ営業されていることを知り、早速お邪魔しました。


九大病院東門前の「裕生堂薬局」横の路地の奥にあります。若松食堂営業中との張り紙が出ていました。めちゃくちゃ懐かしかったです。またあの幻の(勝手に幻にしちゃっていました。)あの鍋がいただけると思うと緊張すら感じてしまいました。

他のお店はどこも締まっていました。このアーケードに入り最初の路地を右に曲がるとお店が見えます。


店内は部屋が2つあってそれぞれ3つずつテーブルがあります。


ブタチリ、ヨセチリ、魚チリ、野菜ナベの4種類です。値段も相変わらずお安いです。税込みでこの価格です。当時、全種類食べて、私はヨセチリが1番好きでした。アサリのダシがきいたスープが絶品だったんです。

迷わずにヨセチリを注文しました。


これこれ。ビジュアルも変わっていません。何十年ぶりの対面でしょう。若いころを思い出し、大げさではなくて涙が出そうになりました。

薄切りの豚を何枚かに重ねている豚肉、白身の魚、アサリが入っています。メインの野菜は白菜ではなくキャベツです。これがまたおだしと合うんです。豆腐、もやし、玉ねぎ、にらも入っています。

まずはスープをいただいてみます。昆布だしにアサリのおだしが相まって、絶妙の味です。若松食堂独特のスープです。ずっとこの若松食堂のスープが飲みたかった私は、しばらくスープだけを飲み続けました。

自称、絶対舌を持っている私は、何十年たっても舌で味を覚えています。当時とほぼ変わらない味です。


こちらは野菜ナベです。アサリは入っていないので昆布だしの味です。もちろんこちらもあっさりでおいしかったです。

具はそのままでもおいしかったのですが、時々ポン酢をつけていただきました。このポン酢は、かつおだしがきいておいしかったです。

白菜と違ってキャベツはスープを薄めることなくおいしくいただけます。

鍋は小さいのですが、深さがあってスープまで飲み干すとお腹がいっぱいになりました。

近いうちにまたぜひお邪魔したいです。ごちそうさまでした。

お店情報
店名:若松食堂
住所:福岡市東区馬出2-3-43
営業時間:10:45~13:30(売切れ次第終了)
お休み:水曜、日曜、祝日、不定休
味:3.8 コスパ:3.9

当ブログの味・コスパの評価基準は、食べログ等とはかなり違っています。
私なりの評価の基準は次のとおりです。

味について

3.0~3.5  普通
3.6~3.9  おいしい
4.0~5.0  感動のおいしさ

コスパについて

3.0~3.3  ちょっとお高いかな
3.4~3.6  普通
3.7~3.9  お得
4.0~5.0  申し訳ないくらいのお得感