福岡 白金 白金台所 茶わんむし 下釜 でトマト味の親子丼ランチ

和食

大きな茶碗蒸しが有名な 白金台所 茶わんむし 下釜 にランチに行ってきました。

西鉄大牟田線の薬院駅から徒歩4~5分のところです。

 

店内は落ち着いた和の雰囲気です。一人で来ていたので手前の2人掛けのテーブルに案内されました。お店の左側には掘りごたつのテーブルや畳の個室もあるみたいで赤ちゃん連れのお客さんもいらっしゃいました。

こちらは、平尾にある2号店「茶わんむし下釜 離れ」のメニューです。

こちらは、薬院店のメニューです。どちらの店舗も茶わんむし御膳 1,200円(税込)があって5種類の中から丼を選びます。5つめが豚の角煮丼か親子丼ディープレッドかが違うようです。

親子丼ディープレッドが気になってお店の方に聞いてみました。トマトベースの親子丼だということです。親子丼には普通の親子丼、プラチナの白い親子丼、ディープレッドの赤い親子丼の3種類があります。

1番から5番までどれにするか本当に迷いました。そして初めての味を求めてトマト味のディープレッドをお願いしました。

ランチには小鉢、漬物、茶わんむしが付いています。

私が座ったところからは調理場が見え、ご主人が丁寧に料理を作られている様子がうかがえました。

茶わんむし御膳が運ばれてきました。

ほんのり赤い色合いです。卵黄がのっています。まず最初に親子丼のほうから食べてみます。甘酸っぱいトマト味で六本松のニイハオ!ポンユウ (您好! 朋友)のトマト丼を少し甘くしたような味です。でもしっかり和のだしも感じます。

卵の半熟具合が絶妙で、トロッフワッ食感でおいしかったです。


茶わんむしの固さも固すぎずゆるすぎず。三つ葉、しいたけ、かまぼこ、麩、きくらげ、筍、鶏肉、銀なん、海老と具だくさんです。色々な具材の味がしみ出て優しい味でした。

小鉢はダシがしみた大根で胡桃がのっけてありました。

最後にサービスのアイスコーヒーが付いてきました。

どれも優しい味でおいしかったです。ごちそうさまでした。

お店情報
店名:白金台所 茶わんむし 下釜
住所:福岡市中央区白金1-6-23 1F
営業時間:[月~土] 11:30~14:30 17:00~23:00
お休み:日曜祝日
味:3.7 コスパ:3.6

当ブログの味・コスパの評価基準は、食べログ等とはかなり違っています。
私なりの評価の基準は次のとおりです。

味について

3.0~3.5  普通
3.6~3.9  おいしい
4.0~5.0  感動のおいしさ

コスパについて

3.0~3.3  ちょっとお高いかな
3.4~3.6  普通
3.7~3.9  お得
4.0~5.0  申し訳ないくらいのお得感