福岡 JR博多シティくうてん マンゴツリービストロ でランチ

カレー・エスニック

今日は、JR博多シティくうてん10階に7月26日にオープンしたての、タイ料理マンゴツリービストロに行ってきました。

先月までに、5月にくうてんにリニューアルした10店舗にはすべて行ってきました。先週26日に新たに3店舗オープンしました。まずは1店舗目にこちらを選びました。


タイ・バンコクに本店を持ち、タイ料理レストラン ”マンゴツリー” ブランドの新業態として、お酒も楽しめるビストロの業態で日本1号店だそうです。

タイに一人旅に行くくらいタイ料理が大好きな私の胸は期待感でいっぱいです。


鶏を焼いたガイヤーンが人気だという情報を仕入れていたので、席に着くまではそれにしようと決めていました。

でもメニューを見て、オリジナル生米麺で作ったセンレックナームにも惹かれました。

迷った挙句、くうてん限定欲張りプレート1,480円に決定。

フォーのような生米麺のセンレックナームとガパオライスと生春巻きのセットです。

大きなガラスの窓越しに博多の街と空が見えます。入口は狭いですが、中は奥行きがあって、ゆったりとしています。

お水は福岡では珍しく、炭酸水が運ばれてきました。


どれもおいしそうです。


生春巻きは、人参、紫キャベツ、レタスが入っていました。皮はもっちりでチリソースは甘すぎず上品でおいしかったです。


自家製の生米麺のセンレックナームです。スープをまず飲んでみました。澄んだスープです。あっさりした味ですが、深い味わいで、もちもちの細い平打ち麺に絡んでおいしいです。パクチーも新鮮で食べやすかったです。


ガパオライスです。まず、ご飯を食べてみると驚くほどにおいしかったです。聞いてみるとジャスミンライスとのこと。まるで日本のもち米のようにもっちもちでした。しかも甘くていい香りです。

超あらびきの豚肉は噛み応えがあってバジルの香りとあいまって食欲をそそります。結構辛いです。でも、もちもちのご飯と目玉焼きと一緒に食べるとちょうどいい辛さになります。

最後は炭酸水でお口の中がすっきりしました。

3品ともとてもおいしかったです。博多でタイ料理が食べたくなったらまた是非お邪魔したいです。その時にはガイヤーンにトライしてみたいです。ごちそうさまでした。

お店情報
店名:マンゴツリービストロ
場所:福岡市博多区博多中央街1-1くうてん10階
営業時間:11:00~23:00 (L.O. 22:00)
お休み:くうてんに準ずる
味:3.7 コスパ:3.3

味・コスパの評価基準はこちら