福岡 春日市 インディアンスパイスファクトリー で絶品ビリヤニ

カレー・エスニック

福岡では珍しい 東インド/ベンガル料理専門店 インディアンスパイスファクトリー に行って来ました。場所は春日市です。

西鉄春日原駅、JR春日駅どちらの駅からも少し遠いので車で行くのが便利かなと思います。駐車場が6台あります。

明るい店内はカウウターとテーブル席があります。

東インドに住んでいたご主人が、おいしい東インド料理を日本に広めたいと現地のシェフをスカウトして開店されました。現在そのシェフはコロナの影響でこちらに戻ってこられず、復帰されるまでは奥様と二人で頑張っておられるそうです。

奥様はスペイン料理のシェフなので、今は東インド料理とスぺイン料理が楽しめます。

こちらはスパニッシュランチ 1,650円(税込)のメニューです。

東インド料理は、カリーとビリヤニ 1,650円があります。

本日のフィッシュビリヤニ、レンコ鯛のビリヤニをお願いしました。ビリヤニだけでなく本場東インドのカリーも是非食べてみたくて少ない量でも注文できるか聞いてみました。色々野菜のクリーミーカリーの小だったら350円で食べられるとのことでそちらもお願いしました。

ビリヤニができるまでの間、ご主人から東インドのカリーなどについての面白い話や日本人向けにアレンジしていない本場の味を提供したいという熱い思いも聞くことができました。

カウンターの前の食器棚に置かれているかわいい圧力鍋や食器も現地から調達されたそうです。

現地調達の味わいのある壺で調理されたレンコ鯛のビリヤニが運ばれてきました。

フライドオニオンのほかにローズの花びらも入っています。一番底にレンコ鯛が敷かれていますと説明してくださいました。

かなり大ぶりのレンコ鯛は皮までカリッとしっかり揚げられているので、本来淡白な身はうまみが濃縮されおいしさが倍増されています。

複雑なスパイスの味は感じるのですが、決して主張しすぎず、全体がうまくまとまっています。色々違う細い糸がよられて、きれいな1本の太い糸になったような感覚です。脂こくなくあっさりとしていますが、魚のエキスやスパイスをまとったバスマティライスは絶品の味でした。

右から青唐辛子のピクルス、自家製ミントのライタ、追加で注文した色々野菜のクリーミーカリーです。

青唐辛子のピクルスはとても辛かったです。さわやかなミントの入ったライタは濃厚でクリーミーです。

色々野菜のクリーミーカリーはニンジン、玉ねぎ、シメジ、インゲンそしてカシューナッツが入っています。名前の通りクリーミーで辛くなくて野菜の甘味を感じました。小さなお子さんでも大丈夫そうです。

期待をはるかに超える絶品ビリヤニに出会えてウキウキの1日になりました。ごちそうさまでした。

お店情報
店名:インディアンスパイスファクトリー (INDIAN SPICE FACTORY)
住所:春日市昇町4-24 稲生ビル1F
営業時間:火曜~土曜日の 11:30~15:00(L.O.14:30) ※当面の間はランチタイムのみ
お休み:日、月曜日

味:3.9 コスパ:3.4

当ブログの味・コスパの評価基準は、食べログ等とはかなり違っています。
私なりの評価の基準は次のとおりです。

味について

3.0~3.5  普通
3.6~3.9  おいしい
4.0~5.0  感動のおいしさ

コスパについて

3.0~3.3  ちょっとお高いかな
3.4~3.6  普通
3.7~3.9  お得
4.0~5.0  申し訳ないくらいのお得感