福岡 薬院 ドゥワン ディー (Duang Dee)でタイ料理のランチ

カレー・エスニック

今回は薬院にあるタイ料理のお店 ドゥワン ディー (Duang Dee)にランチに行ってきました。

西鉄薬院駅から徒歩5~6分です。先日伺った サエラ2000吉 と同じ通りです。

お店の前のメニューの看板を眺めているとタイ料理特有のいい香りがしてきました。

本日のおすすめAランチは、四角豆のピリ辛合えと豚肉のタイバジル(ガパオ)炒めだそうです。

店内は奥行きがあり、ゆったりとしています。タイを感じる音楽が心地いいです。お店の中はタイ語が飛び交い異国情緒たっぷりです。

初めてのお店だったのでおすすめを尋ねました。「Aランチですかねー。今日は珍しく四角豆が入っていますよ。」とのことでした。

初めて聞くワード「四角豆」が分からない私にすばやく写真をみせてくれて説明してくれました。

沖縄ではうりずん豆といわれているそうです。名前は知りませんでしたが、スーパーで見かけたことがあります。今が旬の野菜だそうです。

四角豆の味も気になりお勧めのAランチをお願いしました。税込 880円です。おかず2品、ジャスミンライス、デザートがついています。

運ばれてきたランチは想像をはるかに超える豪華さと味でした。

ワンタン、セロリ、もやし、ネギと具沢山なスープはフォーのスープのような味でほんの少し酸味もあります。

人生で初めて食べる四角豆のぴり辛合えです。四角豆はサクサクっとした食感です。紫玉ねぎと甘酸っぱく合えてあります。あとから少し感じる辛みがアクセントになって後引くおいしさです。うんまーい。

豚肉のタイバジル(ガパオ)炒めがまたおいしかったです。玉ネギ、白きくらげ、赤、青ピーマン、ニンジン、ブロッコリー、カボチャ、しめじ、インゲン、カリフラワー。何種類もの野菜がたっぷり入っています。

和でも中華でもないエスニックな味付けがたまらなくおいしかったです。ガパオライスのようにジャスミンライスに汁ごとかけてスープまできれいに完食しました。

デザートはタピオカココナツミルクです。ほどよい甘さでした。

料理もおいしかったのですが、スタッフの方の接客もとてもよかったです。おひとりさまでも居心地抜群です。

タイに一人旅するくらいタイ料理が大好きな私はすっかりこちらのお店のファンになってしまいました。ごちそうさまでした。

お店情報
店名:ドゥワン ディー (Duang Dee)
住所:福岡市中央区薬院1丁目12-32
営業時間:ランチ : 11:30~15:00    ディナー : 17:30~23:00
お休み:水曜日

味:3.8 コスパ:3.9

当ブログの味・コスパの評価基準は、食べログ等とはかなり違っています。
私なりの評価の基準は次のとおりです。

味について

3.0~3.5  普通
3.6~3.9  おいしい
4.0~5.0  感動のおいしさ

コスパについて

3.0~3.3  ちょっとお高いかな
3.4~3.6  普通
3.7~3.9  お得
4.0~5.0  申し訳ないくらいのお得感