福岡 博多 DACOMECCA(ダコメッカ)に行ってみた

カフェ・スウィーツ・パン

2021年4月28日にオープンした、DACOMECCA (ダコメッカ)に行ってきました。六本松にあるアマムダコタンの姉妹店のパン屋さんです。JRJP博多ビルの道路を挟んだ向かいで、バスステーション博多の隣です。

11時オープンと情報誌に書いてあったので、10時30分頃様子を見に行ったら、すでにオープンされていました。8時からのオープンだそうです。そんなに待たずに入ることができました。

ちょうどテレビ局の取材もされていました。左が入り口です。カフェを利用される方は右側の出口からお入りくださいと案内があります。

左側の入り口から入ると、炭火でソーセージやお肉を焼いているコーナーがすぐに見えてきます。そこから右に流線形の棚が続きます。ソーセージからしたたり落ちる脂の焼けるにおいがたまりません。


入口の方のパンから気に入ったパンをトレイに入れていきます。一番奥がレジですが、なかなか前に進まないのでパンをじっくりと眺められます。

たくさんの種類のパンが並んでいます。お店の方が「11時頃がパンの種類が1番多いです」と教えてくれました。

フルーツサンドも種類が多いです。

塩パンは、かごの中に吊るされてのディスプレイです。

どこまでもおしゃれなディスプレイです。

話題のマリトッツォは塩味の卵白クリームのしかなかったので、今回はあきらめました。

レジにカフェメニューが貼ってあります。

レジの右横から入った奥のスペースがカフェです。カフェはすいていました。いつか入りたいと思います。

☆後日カフェに行ってきました。こちらをご覧ください。

今回購入したパンです。右上から時計回りに、アマゾンカカオ(大)712円(税込)、ヘーゼルナッツ練乳 220円、ショコラバゲット 345円、チョコレートマフィンブレッド 280円です。

アマゾンカカオは、ナッツとドライフルーツたっぷりでずっしりしっとりです。ヘーゼルナッツ練乳は、柔らかくて甘じょっぱいです。ショコラバゲットは、ナッツが入った柔らかいあっさりのパンです。チョコレートマフィンブレッドは、チョコレートクリームチーズとキャラメルバナナが入っています。

博多駅にはパン屋さんが少なかったので、朝早くから夜遅くまでやっているパン屋さんがオープンしてうれしいです。

追記


翌日、再びダコメッカに行ったらピスタチオのマリトッツォ 410円があったので購入しました。

ひきのある柔らかいピスタチオ色の生地と甘すぎないフワトロのクリームでぺろりと食べちゃいました。人気があるのも納得です。

お店情報
店名:DACOMECCA (ダコメッカ)
住所:福岡市博多区博多駅前4-14-1
営業時間:8:00~20:00
お休み:無休
味:3.7 コスパ:3.3

当ブログの味・コスパの評価基準は、食べログ等とはかなり違っています。
私なりの評価の基準は次のとおりです。

味について

3.0~3.5  普通
3.6~3.9  おいしい
4.0~5.0  感動のおいしさ

コスパについて

3.0~3.3  ちょっとお高いかな
3.4~3.6  普通
3.7~3.9  お得
4.0~5.0  申し訳ないくらいのお得感