圧力鍋 私のおすめは フィスラー 

お気に入りのグッズ・道具

圧力鍋があると、煮込み料理や玄米ご飯など驚くほど短時間でおいしく仕上げることができます。私のピカイチ圧力鍋はフィスラーです。

この圧力鍋は15年以上使っています。見てくれは、くすんではいますが、働き者の鍋で私の良き相棒です。週に1度は活躍しています。

圧力鍋を使うと、魚もまるごと骨まで食べられるし、塊の肉もほろほろに短時間で煮ることができます。

私は料理が大好きで若いころから圧力鍋もいろいろと買っては試してみました。でもなかなか満足できる圧力鍋に出会えませんでした。

使い勝手が悪かったり、手入れが大変だったり。加圧する圧力値が低かったり。

とある人気の有名鍋メーカーの圧力鍋を買ってサバを煮ましたが、いくら圧力をかけても骨が柔らかくなりませんでした。その時初めて圧力鍋には加圧値があってそれが低いと骨まで柔らかくならないことを知りました。

色々と学びながらフィスラーの圧力鍋にたどり着きました。使い勝手もよく、味もおいしく仕上がります。そしてスタイリッシュな形、どれも大満足しています。

フィスラーは、1945年ドイツで創立された調理機器のブランドです。フィスラーの鍋は高品質で何よりも美しいデザインが気に入っています。我が家では、圧力鍋の他にもフィスラーのフライパンや鍋が大活躍しています。

圧力鍋の圧力のかけ方には2種類あります。

圧力がかかり蒸気が出るとシュッシュッと音が出るおもり式。もう1つは表示ピンが上がってくるスプリング式です。

愛用のフィスラーはスプリング式です。

圧力がかかってくると表示ピンが上がってきて一目でわかります。火加減の調節もしやすいです。随分くたびれた感がありますが、15年以上の使用ということでご容赦を^^

加圧中、驚くほど静かです。音はほとんどしません。

蒸気もほとんど出てきません。そのため他社の鍋よりも水の量が少なくて済むので味のしみ込みが早くておいしいです。


圧力は3段階から選べます。低圧1.4気圧、高圧1.9気圧、超高圧2.2気圧です。具材や調理法で好みの圧力を選んでいます。たいていは高圧を選んでいます。

この圧力鍋は、圧力をかけないときも普通の鍋としてもすぐれています。鍋の厚みがあり煮込み料理の時に具材がふっくらと仕上がります。ガラス蓋もついているので煮物をするときにもよく使っています。

圧力鍋のふたについているパッキンは数年ごとに交換しています。お手入れはそのくらいです。少し値段は張りますが、一生ものと思ったら高くないと思っています。

我が家のはフィスラープレミアムプラス3.5Lです。あまり大きいものはかえって使いにくいと思い、この容量にしました。大好きな煮豆も300gは余裕で作れるので、この大きさにも満足しています。

次回簡単でおいしいサムゲタンスープや煮豆のレシピをお伝えしたいと思います。