クロアチア旅行 その3 スプリット2泊3日

まんぷく旅行記

クロアチア旅行 その1こちらから

3 スプリット 2泊3日

9月26日バスでドブロヴニクを13:00に出発し、17:25スプリットに到着しました。

スプリットはアドリア海沿岸最大の港町でローマ皇帝ディオクレティアヌスの宮殿がそのまま旧市街になっています。約1700年前に建てられた石の建物です。なぜだか石が大好きな私は宮殿の柱や壁をさすりまくってきました。

バス停から宿泊先までは徒歩10分。夕闇迫る中、石畳の上をトランクをゴロゴロ押して頑張りました。2泊240ユーロのソーべです。支払いを済ませて部屋に入って衝撃を受けました。
ものすごく古くて粗末な小さなベッド、茶色に変色した薄っぺらいぱさぱさのタオルが1枚ずつ。シャワー室にはカビが。

旅行サイトで見つけたサイトの写真とは大違い。口コミもよかったのに。今までの楽しい気分が吹っ飛びました。私は、古いのは平気なのですが、清潔感がないとダメなんです。ネットもあまりつながりません。

夫は2泊だからここで我慢しようと言いましたが、私は頑張ってその日はもう遅いので無理でしたが、翌日は別のホテルに急遽移動することに。もちろんここの宿泊代は返ってきませんが。

気を取り直して夕食に出かけました。

フィフェというシーフードレストランです。すごくにぎわっていました。

魚のスープ。ボールに入っていました。

またまたイカ墨リゾットとイカのフライです。味は普通で178クーネ。

宿に戻り、ギーギーときしむベッドで朝を迎え、さっそく朝食の調達に出かけました。

ディオクレティアヌス宮殿の銀の門です。

宮殿の中には、こんな味わいのある門もありました。

宮殿の東側にある青空市場です。活気がありました。

クロアチアの名産品、イチジクです。日本で売られているよりかなり生に近いセミドライのイチジクでした。とっても美味しいです。でもドブロヴニクで食べたドライイチジクのほうがずっときれいでおいしかったです。この後訪れたザグレブで買ったものよりもやはりドブロヴニクの市場のがおいしかったです。もしお土産に買われるんだったらドブロヴニクのをお勧めします。値段はそんなに変わりませんでした。

朝食用に生のイチジクも買いました。小粒ですが、甘みと旨味が日本のイチジクよりもかなり濃いです。おいしかったー。

朝食を食べ終わると、昨夜急遽ネットで予約したホテルに移動しました。

宮殿の中心にあるムルム ヘリテージ ホテルです。なかなかよさげです。

旅行の日程が決まり航空券を予約すると私のホテル探しの楽しみが始まります。場所、価格、口コミ、朝食などあらゆることを考慮して時間をかけて、検討に検討を重ねます。それが旅の大きな楽しみの一つなのです。

しかし今回のように時々、大はずれを選択することもあります。そんな時は潔くその宿をとんずらすることにしています。ドブロヴニクのRooms Posatみたいにあたることが多いんですが。

ムルム ヘリテージ ホテルで案内された部屋は壁や天井は素敵な石でできており、洗面所やバスルームには床暖房が。7世紀ぐらいの建物だとうかがいました。外側の建物は歴史が感じられ、内装はリノベーションされています。とっても清潔で快適で居心地も素晴らしいホテルでした。

荷物を置いて散策に出かけます。

ペリスティル広場です。皇帝の住居への入り口です。古代の石の宮殿が朝日を浴びて厳かな雰囲気でした。

大聖堂の鐘楼です。登ってみます。

鐘楼からの風景です。60メートルの高さは高所恐怖症の私にはとても怖かったです。でも見事な景色を見ることができました。

ドブロヴニクの景色とも違い、ここも素敵です。

アドリア海の港町だと実感できる美しさです。

おやつにクロアチアの伝統的なケーキ、クリームシュニッタを食べました。サクサクのパイ生地でカスタードクリームを挟んであります。甘すぎず素朴な味でした。

お昼はマグロのステーキ、エビのリゾット、シーフードチャウダーです。290クーネでした。味は普通でした。

街はどこもかなりにぎわっています。

かわいいオブジェを見つけました。コーヒーカップに噴水の水が入っています。

歴史を感じる美しい石造りのの建築です。

魚市場です。イワシとサバがほとんどでしたが、とても新鮮でした。

宮殿を出て港のほうを散歩しました。カフェやレストランが立ち並んでいます。

この港からきれいな夕日を見るころができました。

夕食はミッテラン元仏大統領も訪れたという郷土料理のレストラン、シュペルン。

ステーキといわしの酢漬けとサラダ。ステーキはうまみがあり美味しくて、付け合わせのほうれん草のソテーもおいしかったです。イワシもとてもいい味付けでした。すっぱくなくて夫は好みの味だと喜んでいました。

あまりおいしかったのでラザニアを追加。これもよかったです。ワインもいただいて278クーネ。やはりドブロヴニクより物価が安いです。

海沿いのカフェでデザートを楽しみました。

石のホテルは快適すぎるぐらい居心地がよかったです。翌日バスターミナルを朝8:30発のバスでプリトヴィッツェに出発なので少し朝食の時間を早めてくれました。

石でできた雰囲気のいい素敵なスペースです。

豪華なものではなく種類も多くはありませんが、質のいいものが取り揃えられ、どれを食べてもおいしかったです。こういった朝食はとてもうれしいです。スタッフの方にお礼を言ってホテルを後にします。あー名残惜しい。また泊まりたいホテルでした。

今から、エメラルドグリーンに輝く世界遺産の湖群、プリトヴィッツェ湖群国立公園に向かいます。

スプリットを8:30に出発、プリトヴィッツェに12:50到着です。一人140クーネ。荷物代が二人で14クーネでした。

途中のドライブインで30分位の休憩です。お昼過ぎにプリトヴィッツェに到着したら夕方まで絶景のプリトヴィッツェ国立公園に出かけるので軽く腹ごしらえをします。ドライバーの方も昼食をとられていました。もう一箇所トイレ休憩がありました。

もうすぐエメラルドグリーンの湖と対面できると思うとドキドキ。

クロアチア旅行 その4に続く。

そうそう、ドブロヴニクで買った夫の28㎝の靴は靴下を2枚はいてもガボガボだったのでスプリットでジャストサイズの靴をゲットしました。