コストコで カリフォルニア産カルローズ米 を初体験

お気に入りのフード

コストコからのメールに、カリフォルニア産カルローズ米のことが書いてありました。

んっ?カルローズ米?それっておいしいのかしら。早速ネットで調べてみました。

お米には長粒種、中粒種、短粒種があります。

カルローズ米は、長粒種と短粒種のいいとこどりをしたおいしいお米との説明が載っていました。ただ味に関しては賛否両論書いてありました。本当においしいのかは自分の舌で判定するしかないので、とりあえず購入することにします。

カレーに合うと書いてあって、その1文に惹かれたのです。

我が家は、ここ数年スパイスカレーにはまって、毎週何食も作っては食べているのです。マルハバで購入したバスマティライスでスパイスライスを作ってカレーをかけています。とっても美味しいのですが、たまには変化が欲しいところだったんです。


コストコのお米売り場にカルローズ米は鎮座していました。5キロ1,198円(税込)です。コシヒカリなどの国産のお米に比べるとかなり安いです。


炊くのが面倒な方には、カルローズ米パックライスも置いてありました。

表は、全面英語表記です。


裏に、日本語でカルローズ米の説明書きがありました。


国産のお米と比較してみました。左がカルローズ米です。若干国産よりも粒が大きいです。

「無洗米ですが、さっと洗って浸水せずに同量の水で炊いてください」と書いてあります。

1%の塩を入れたお湯で10分間ゆでてもいいそうです。

せっかくなので両方試してみました。


我が家自慢のご飯が超おいしく炊けるバーミュキュラライスポットで浸水なしで炊いてみました。

若干ポソポソ感が見て取れます。

こちらは茹でたものです。ゆでているのでパラパラとしています。


今回ごはんのお供にするのは、アサリのスパイスカレーです。カレーの合いがけならぬ、ご飯の合いがけです。右が炊いたご飯、左がゆでたものです。

確かにサラッとしたカレーに合います。でもバスマティライスほどしっくりしません。ごはん単体で食べると国産のお米独特の甘さや旨味はありません。

夫はカレーに合うしいいんじゃないと、カルローズ米に及第点を付けました。もっちり甘い国産の白米が好きすぎる私は少しものたりなかったです。

でも今回だけでカルローズ米をジャッジするには早すぎます。きっと炒飯やリゾット、パエリアなどにするとおいしいのかもと期待しています。調理次第でカルローズ米が国産米とは違った魅力を発揮するかもしれません。おいしくできたらご報告したいと思っています。